Close

Blog

  • Home
  •  / 
  • ニュース

日本カジノスクール

2004年4月に日本で唯一のカジノ専門学校、日本カジノスクールが設立されました。しばしばメディアに取り上げられ、学校は国内で大きな注目を集めています。開設以来800人もの学生が卒業し、そのおよそ20%が海外でカジノディーラーとして働いています。その他はクルーズ船、アミューズメント カジノ、日本のホテルなどで働いています。 専門的なスキルのトレーニングに加え、この学校では「ホスピタリティ」精神を育成するための教育目標が定められています。当校のインストラクターはカジノの経験が豊富で、顧客サービスとホスピタリティにおいて高い水準を誇ります。国際的な視野を与えることに焦点を当てているため、生徒たちは日本だけでなく世界中に羽ばたくことができるのです。生徒たちが前向きな力を身に付けることができるよう教育が行われており、コミュニティ内の中で役割を果たしてそのモデルとなっているのです。 日本カジノスクールは、ホスピタリティ業界に卒業生を送り出すことにより、業界成長のための着実な基盤を提供するという使命とビジョンを満たしてそれを誇りとしています。 日本カジノスクールの代表である大岩根 成悦氏は20年以上にわたり統合リゾート産業を日本にもたらすための尽力を続けています。この学校の卒業生は、カジノフロアにおける仕事を手にするための十分なトレーニングを積んできたと言えるでしょう。 学校は2004年4月に門戸を開き、これは石原 慎太郎都知事が2006年か2007年までに東京のウォーターフロントにカジノ施設の設立を計画したこととタイミングを合わせたものでした。ギャンブルを禁ずる国内法に折り合いをつける方法を見つけることができず、国の指導者たちに新しい法律を迅速に受け入れさせることができなかったために、石原都知事の計画は失敗したのでした。 「早すぎたのです」と大岩根氏は述べています。その後15年間、大岩根氏は日本のギャンブル合法化のため国会議員への働きかけを根気良く続けるのと同時に、ディーラーやその他のカジノの仕事に向けて若者への教育を続けてきました。 大岩根氏は2020年代半ばに統合リゾートがオープンすると、全国において約5千人のディーラーが必要となり、その約60%が当校の卒業生となると予想しています。