2004年4月に設立された、日本で唯一のカジノディーリングスクール、ジャパンカジノスクール。メディアでも取り上げられ、全国的に注目を集めています。開業以来、800人以上の学生が卒業し、約20%が海外でカジノディーラーとして働いています。残りは、日本のクルーズ船、アミューズメントカジノ、その他のホテルで働いています。 専門的な取引スキルのトレーニングに加えて、学校は「ホスピタリティ」の精神を育成するために他の重要な教育目標も設定します。学校のインストラクターはカジノで非常に経験があり、顧客サービスとホスピタリティの高い基準を持っています。学校は生徒たちに国際的な視野を与えることに焦点を当てているので、生徒たちは日本社会だけでなく世界中の社会にも多大な貢献をすることができます。学校は生徒たちに前向きな力になることを教えており、コミュニティ内で生産的になるよう努めることによってそのためのモデルを提供します。 日本のCASINOスクールがホスピタリティ業界に卒業生を通じて着実に成長するための基盤を提供するという使命とビジョンを実現したことは誇りです。 ジャパンカジノスクールの責任者である大岩正義は、20年以上にわたってインテグレーテッドリゾート産業を日本にもたらすために尽力しており、現在、学校の卒業生はカジノフロアで仕事を確保するための十分なトレーニングを受けています。 石原晋太郎知事が2006年または2007年までに東京のウォーターフロントに沿ってカジノ施設を設立することを計画していた2004年4月に学校は門戸を開いた。しかし、石原知事の計画は失敗した。ギャンブルを禁止し、国の指導者に新しい法律を迅速に承認させることができませんでした。 「早すぎた」と大岩は言った。その後の10年半、大岩根は日本のギャンブルを合法化するよう日本の議員に根気強く働きかけ、ディーラーやその他のカジノの仕事として若者を教育してきました。 大岩根氏は、2020年代半ばに統合リゾートがオープンすると、全国の約5000の販売店で大量の仕事が利用できるようになると予測しています。そのうち約60%が彼の学校の卒業生です。 彼が言うには、誰かが完全にディーラーとしての資格を得るには約2年かかり、最初に教室でいくつかの割り当てが行われ、その後長時間の職業訓練が続きます。 学校は4月に大阪に小規模の支部を開設しました。大岩根は、統合リゾートライセンスの取得に成功した場合、地方都市にさらに支部を開設することを検討しています。 大岩根氏は、ディーラーとして雇われた若者は、年齢や性別による差別がほとんどなく、彼らより先に良いキャリアを築くことができると確信しています。給与は、年間約92,000米ドルに及ぶ場合があります。最後に、オイワネは、日本がサービスとホスピタリティの面で世界最高のカジノを作る準備ができていると信じています。